復曲能を観る会とは

〈復曲能を観る会〉にご関心をお持ちいただき誠にありがとうございます。

能楽師の加藤眞悟、長谷川晴彦、古室知也、奥津健太郎の4名が集い、本会を立ち上げた経緯や考え方につきまして、少し長くなりますがぜひお読みください。


人間は古来、人と人の深いつながりの中で生きてきました。現代は情報化が高度に発達し、顔の見えない仮想空間でのやりとりが激増しています。そのうえ、昨年来のコロナ禍で人間関係が一層希薄になることも強いられ、精神的なより所が失われた結果、多くの人々が不安を抱えながら生活しています。「絆」「結」という言葉が注目される今、私たちは伝統芸能の力をもっと現代に生かしたいと考えています。


◆能と狂言の力で人と人の想いをつなぎたい

能狂言は700年の長い間演じ続けられてきた世界でも稀な芸能です。これほど長い間変わることなく愛され続けた理由は、能と狂言に人と人の想いをつなぐ力があるからだと考えています。舞台には年齢や身分、性別に関わらず多くの登場人物が現れ、人間誰しもが持っている悩みや苦しみ、怒り、そして喜びを語り、観客と共鳴します。時や場所を超え、人と人をつなげることのできる能狂言の力を現代に生かしたいと私たちは願っています。


◆復曲は埋もれた文化遺産の発掘

能は、室町~江戸時代に作られた演目が200あまり今に伝わっています。能と狂言は江戸幕府の儀式芸能だったため、現在演じられている演目・演出は高度に洗練され、江戸時代の権力者の好みが反映されています。一方、今は演じられなくなった草創期の室町時代の演目の中には、人情味あふれる広く庶民に愛された演目が数多くあります。そのような、現代に上演する価値の高い演目をよみがえらせることを「復曲」といいます。私たちが目指している復曲活動は、埋もれた貴重な文化遺産の発掘です。


「能と狂言の力で人と人の想いをつなぎたい」「復曲は埋もれた文化遺産の発掘」

このふたつの言葉を柱に、演じられなくなった能の復曲・公演活動を行い、古人が大切にしてきた日本の文化を再認識し、一般の方々への能狂言講座、子どもたちへの能狂言教室なども行いながら、生きている伝統芸能を未来に繋げたい。この志を同じくする能楽師の加藤眞悟、長谷川晴彦、古室知也、奥津健太郎が集い、令和3年5月8日、任意団体「復曲能を観る会」を設立しました。

設立後、初の本格的公演である令和3年12月11日の名古屋公演の企画は、文化庁ARTS for the future!事業の採択を得ました。今後は継続的・発展的に活動し、より公共性の高い組織を目指します。