任意団体「復曲能を観る会」を設立しました!

2021年2月13日、『曽我物語』に縁の深い神奈川県平塚市で、能楽大成期の室町時代の作でありながら上演記録のない幻の〈和田酒盛〉が復活上演されました。


「復曲能は文化遺産の発掘である」「舞台で人と人とを繋げたい」という志を同じくした〈和田酒盛〉上演の中心メンバーである能楽シテ方観世流の加藤眞悟、長谷川晴彦、古室知也、狂言方和泉流の奥津健太郎が集い、2021年5月8日、任意団体「復曲能を観る会」を設立しました。


発足後、初の本格的公演が2021年12月12日、名古屋能楽堂で開催されます。公演当日は復曲能〈和田酒盛〉はもちろん、今後の活動に繋がる演目も多数上演されます。


詳細は近日公開。引き続きご注目をお願いいたします!

0コメント

  • 1000 / 1000